アイスモークの捨て方|何ゴミで捨てるのが正しいの?

アイスモークの捨て方について今回はお話しようと思います。

何ゴミで捨てるのが正しいのでしょうか?

本体とヒートスティックで考えていきましょう。

アイスモーク(本体)の捨て方

アイスモークがもし壊れてしまった時は何ゴミで捨てるのか?

これは詳しい話をすると「各自治体で違う」というのが答え。調べ方としてはアイスモークは充電式電池(リチウムイオン電池)なので調べて捨てましょう。

またスーパーや家電量販店ではリサイクル用回収ボックスを置いている店もあります。リチウムイオン電池なので回収ボックスへ投函するのもおすすめ。

ヒートスティック(たばこスティック)の捨て方

アイスモークはアイコスのヒートスティックを使用します。

ではヒートスティックはどう捨てるのか?というと「可燃ごみ」でOKみたいです。また火が付いていないので軽く振って、ゴミ箱に捨てれば良い。

通常たばこは水で濡らしたりする必要がありますが、加熱式タバコはそのまま捨てれるのが良いところだと思います。

ヤフオクやメルカリに出品するのも手です!

中々アイスモーク(加熱式タバコ)を売るのは難しいし、安く買い取られるのは残念ですよね…。そこでオススメなのがヤフオクやメルカリなどのオークションサイトやフリマサイトです。

そこでは安く手に入れたい人は日々チェックしているので意外と売れます。

また仮に壊れていても「ジャンク品」として出品すれば意外と売れる。すごい人はアイスモークを自分でなおして再利用するらしい。知識がない人だと爆発の危険性もあるのでダメだけど、ちゃんと出来る人なら問題ないね。

使用できる中古品なら「50%~70%」でジャンク品なら「5~10%」って感じかな?まぁ目安だし、需要次第で上がるので外の出品を参考にしながら値段を付けましょう。自分で価格設定出来るのが良いところですね。

アイスモークの捨て方も非常に簡単です!

アイスモークの捨て方、いかがでしたか?

簡単なので特に問題ないと思います。

ヒートスティックも可燃ごみ(燃えるゴミ)でOKです。

【正規輸入品】iSMOKE(アイスモーク)

・1回の充電で約13本吸煙可能!
・ムラなく熱を伝える加熱構造
・2種のカラーバリエーション
・通常1ヶ月間メーカー保証
・1年保証加入可能
・1年保証加入時に2500pt進呈!
・期間中は原則1回の交換受付。
・価格: 8,424 円(税込)

アイスモーク
iSMOKE(アイスモーク)の口コミ|良い/悪い評判を集めてみた!